根管治療

根管治療とは

歯の奥には、神経や血管などが集まっている「歯髄」と呼ばれる部分があり、歯髄が通っている部分は「根管」と呼ばれます。

根管治療とは、歯髄を除去し、(いわゆる神経を抜くという治療です)根管内の清掃や洗浄、消毒などを行うことで、痛みや炎症を抑える治療のことです。

根管治療が必要になるケース

当院で最も多いのは、過去に治療をした箇所で再びトラブルが起き、治療が必要になるケースです。再治療が必要になる理由は主に2つあります。それは、「治療の不備」と「経年劣化」です。

治療の不備はあってはならないことですが、転院して来られる患者さんの中には、そのような方がいらっしゃるのが現実です。また、きちんとした治療が行われていても、治療に使用された材質によっては、被せ物や接着剤の経年劣化により隙間ができ、そこから菌が入って症状が悪化してしまうことがあります。被せ物は一生ものではないのです。

根管治療の方法

まず、神経と血管でできた「歯髄」と呼ばれる箇所を抜き取ります。そして、空洞になった根管内を洗浄・清掃・消毒。きれいになったら薬剤を詰めて、被せ物をしてフタをし、通常通りに歯の機能がはたらくようにします。

根管治療に使用する素材について

材質による治療の質の違い

ひとくちに「詰め物や被せ物をする」と言っても、治療に用いられる材質には様々な種類があります。保険診療と保険外診療では、使用する材質が大きく異なるのです。保険診療は「安価に受けられる」というメリットがあります。

一方、耐久性の面では、保険外診療で使用する材質のほうが優れています。

当院がセラミックをお勧めする理由

保険診療で使用する金属製の被せ物や接着剤は、経年劣化を起こしやすくなっています。やわらかいので少しの刺激で変形しやすく、接着剤は唾液の水分や口の中の菌の影響で溶けていきます。イメージで言うと、ハンバーガーのバンズとケチャップのようなものです。やわらかい材質のものを固まる素材で挟んで接着しているので、もの自体が変形しやすく、接着剤も溶けやすくなっているのです。

それに対しセラミックは、歯と親和性のある樹脂を科学的に接着するので、取れにくく隙間もできにくくなっています。セラミックは保険外診療となるため、そのときの治療費だけで見ると、保険診療より高額になります。しかし、寿命が長いため、再治療の頻度を減らすことができます。結果的には、トータルの通院回数や治療費を抑えることに繋がるでしょう。

セラミックのメリット

・ 口の中で目立たない
・ むし歯になりにくい
・ 溶けたり隙間ができたりしにくい
・ 歯茎が変色しにくい

当院の診療方針

選択肢を提示いたします

最終的に治療方法を選択するのは、患者さんご自身です。当院では、保険診療も保険外診療も含め、あらゆる治療法のメリット・デメリット、費用についての情報を、治療前にご提示いたします。

話を聞いてわからない点は質問していただき、納得した上で治療を進めていきますので、患者さんの意思で希望する治療法を選んでください。

もちろん、アドバイスやご提案はさせていただきます。費用面の不安なども、正直にご相談いただければと思います。

保険外診療もお勧めする理由

当院が保険外診療もご提案する理由は、「より良い治療を患者さんに受けていただきたいから」です。
保険診療の治療ももちろん優れた技術です。
しかし、患者さんの本当の望みを叶えるためには、保険外診療のほうが良い場合もあります。

また、長い目で見たときには、保険外治療のほうが、費用面においてもメリットがあるかもしれません。

あらゆる方法をあらゆる視点で検討していただき、より希望にマッチした治療を受けていただくために、当院では幅広く治療法をご提案いたします。ただし、無理に勧めることはありませんので、ご安心ください。

Facebookページはこちら
Facebookページはこちら
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
当院が紹介されました! ドクターズファイル