青山通り歯科ブログ ~赤坂の歯医者ひとりごと~

2018.03.24更新

こんばんは。赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

今日はちょっと長くなりますが、ぼやかせて下さい。

 

先日、ネット上でこんな記事が目に止まりました。

 

利己主義で業界全体のレベルも低下 歯科医を取り巻く苦しい現状

 

2018年3月13日 7時0分 NEWSポストセブン

 

・歯科医のミスや怠慢が増加する背景について女性セブンが報じた
・診療報酬の改定や人口減少などで歯科業界は苦境に立っている、と歯科医
・経験に乏しい歯科医が利益第一主義に走った結果、事故は頻発したと指摘した

 

いかにも派手でスキャンダラスな見出しを書きたがる週刊誌らしい内容だとは思いましたが…「火のないところに煙は立たぬ」。実際に、この記事の内容のような事からトラブルに至ったケースもあるのでしょう。過去にも、10年ほど前にインプラントの手術ミスで大きな事故が起こってしまい、大々的にニュースになったケースもあります。

確かに、時間短縮や経費削減の為に、十分な消毒や滅菌などを行わずに器具を使い回したり、”なりふりかまわない患者集め”を行った結果、治療の質が下がる…と言ったケースも、実際にある事だとは思います。

ただ、この様に「業界全体のレベルも低下していったのです」などと、全ての歯科従事者のレベルが下がってしまったようにショッキングに書かれるのは…これが週刊誌のお家芸と分かってはいても、少々悲しい気分になります。

 

僕の学生時代の友人で、学生の頃から非常に精力的に勉強をしていて、大学卒業後の臨床研修医の時点で既に大学院並に飛び級レベルの知識や技能を身につけていた先生もいます。彼は現在、歯科専門の雜誌に名前が載ったり、講習会で壇上に立つ程になっています。

「若い=ベテランではない=技術・知識が劣る」と、「若い」と言う言葉が、どうしてもネガティブに聞こえてしまう業界ではあると思いますが、最近は20代でも意識が高く素晴らしい技術を持っている先生も多いと僕は思っています。実際に、そこから受ける熱い刺激というものもあり、「自分もうかうかしてられないな…。」と感じる事だってあります。ガンガン下剋上も起こります。気持ちの良い焦りです。

 

メディアは時に、過剰にネガティブな言葉で不安を煽る傾向があります。意図的に派手な言葉だけを抜粋する事で、ささやかな誤解を誘発し、興味を引こうとします。ですが…そこまで実際「歯医者業界お先真っ暗」ではないですよ。

 

先にも述べたように、これからの歯科業界を引っ張っていけるような若手の先生もどんどん現れて来ていますし、様々な技術革新も起こっています。

「器具の使い回し」や「消毒・滅菌の怠慢」については政府が早々に対応を行っていて、来年度からは「病院が消毒・滅菌をちゃんと行っている」という届け出を行政に提出しなくてはならなくなったし、「院内感染対策の研修」が各病院に必須の項目になりました。当院では、元々器具の滅菌を徹底しているので特に増える作業はないのですが、単純に書類の提出が面倒です…。

 

滅菌 器具 歯科

 

ただ、これも行政が「確認してるんだから、ちゃんとやれよ」と釘を刺している事なので、これによって少しでも業界全体のイメージが改善されれば、とは思います。

 

例えば、車の交通事故がニュースになったからと言って「車は危ない」「乗ると事故を起こすから乗るのは止めよう」という方はあまりいないと思います。ニュースというのは、「事故が起こった時だけ」ニュースになるのを皆さんがご存知だからです。

 

「親不知を抜いたら腫れて痛くて大変な目に遭った…。」という方も実際にいらっしゃると思います。その方はお気の毒に、きっと大変な抜歯ケースだったのかもしれませんね…。ですが、簡単な親不知の抜歯だったら、翌日、痛み止めも飲まずに「全然大丈夫でした!」と仰る方も多いのが実際です。むしろ、その方が多いです。単に、そう言った方々は何も言わずにその後の経過を過ごしているのが殆どなので、「腫れた!」「痛かった!」という少数の声が、とても大きく響いてしまうんです。

 

要は…何が言いたいのかと言いますと。先程言ったように、ちゃんとした先生も世の中たくさんいますので、けして「歯医者業界お先真っ暗」ではないですよ。願わくば、この長文を最後まで読んで下さった全国の皆さんが、良い歯医者さんと巡り会えることを。

 

お目汚し失礼いたしました。

 

 

P.S. 最後に「また、かつて歯科診療所の1か月の保険点数は20万点(約200万円相当)程度まで認められていたが、現在は医療費削減のため15万点程度に抑えなければならない。」これはちょっとハズレです。ライターさん、勉強不足でしたね。

投稿者: 院長 矢島

2018.03.12更新

こんにちは。赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

ここのところ急に暖かくなってきて、皆さんも春を意識し始める頃かと思います。僕も、最近やたらとくしゃみが出るようになってきて「あぁ、春が来たか。」と実感しております。花粉症なんて無くなればいいのに・・・。時々、どこからか沈丁花の香りも漂ってきますね。

 

 

さて、本題に入ります。

誠に勝手ながら、3月27日(火)は終日で臨時休診にさせて頂きます。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうかご了承下さい。お電話での対応は出来ませんが、ネットからの仮予約受付はおこなっておりますので、どうぞご利用ください。

 https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel?str_id=2390251562&stf_id=0&back=1

 

28日(水)からは通常通り、朝10時から診療開始となっております。

 

休診

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

投稿者: 院長 矢島

SEARCH

CATEGORY

  • 青山通り歯科  (0)
  • 赤坂・青山  (0)
  • グルメ  (0)
  •  (0)
  • 学会・勉強会  (0)
Facebookページはこちら
Facebookページはこちら
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
当院が紹介されました! ドクターズファイル