青山通り歯科ブログ ~赤坂の歯医者ひとりごと~

2017.01.24更新

こんばんは、赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

先日の休診日、Googleのインドアビューの撮影を行いました。皆さん、Googleマップのストリートビューという機能をご存知ですか?

 

グーグルマップ

 

Googleマップの地図上に、この黄色い彼を持っていくと・・・。 (可哀想なのでブンブン振り回すのはやめましょう)

 

ストリートビュー

 

その場所の写真が360°好きなように見られてしまうというすごく便利な機能です。しかも、そのまま写真上で移動が出来るので、実際に行ったことがない場所を、まるで本当に移動しているかのように写真を見ることが出来ます。下見などに便利ですね。

 

map

 

運の良い方は、街中でこの撮影の車を見かけたことがあると思います。派手な外見の車の上にボール型の奇妙なカメラがついてるんです。目の前にあったら一瞬でわかるような奇抜な外見です。僕も2~3回見かけたことがあります。その時、咄嗟に撮影したので「どこかに写真ないかなぁ」と必死で探したのですが、見当たらなかったので、すみません、10年くらい前に渋谷で見かけたこれで我慢して頂ければ幸いです。

 

ダイキン ぴちょんくん 車 カー

 

さて、このストリートビュー。数年前から「インドアビュー」という新しい機能が始まりまして、飲食店や美容院など、室内の様子までストリートビューで見られるようになったんです。今回はその撮影です。

 

ストリートビュー グーグル

 

担当の方が、専用のカメラと三脚を持ってきて。一箇所ずつ撮影していきます。グルっと360°見られるようにする為に、一箇所に付き回転しながら何枚か写真を撮っていきます。

 

ストリートビュー

 

移動しながら。

 

インドアビュー

 

角度を変えて撮ります。「あ~なるほど。これをくっつけるとあぁなるんだ・・・。」と、感心しながら撮影風景を側で眺めていました。(写り込まないように、グルグル回りながら撮影する方の後ろ側にくっついて回ってました。)

この三脚の位置なのですが、ちゃんとGoogleで企画が決まっているらしく、「位置や並行性が1mmでもズレたら、写真が繋がらなくなっちゃうからダメなんです。」と仰っていました。かなり厳しい基準ですね。

 

レントゲン インドアビュ- 撮影

 

レントゲン室なども撮りました。

地下の病院ゆえ、なかなか中の様子がわからないから入りづらい。という声を耳にすることがありますが、これで初めての方にも様子がわかって頂けるようになればいいなぁと思います。2月頃に正式にアップロードされるようなので、完成したらまたお知らせいたします。

 

ストームグラス

 

そんな中、またストームグラスのチェックも。大寒波中なので相変わらず結晶は絶好調です。ここのところ、「インフルエンザにかかってしまって・・・」と予約をキャンセルされる方もチラホラと耳にします。皆様も体調を崩したりしないようお気をつけ下さい。

 

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

2017.01.21更新

こんばんは、赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

寒い日が続きますね。今日は昼頃にチラチラと雪が降りました。ほんの一時間程度でしたが、スタッフ一同(自分も含めて)交通機関への悪影響の心配もよそにはしゃいでおりました。結局、積もることも無かったので特に問題にはなりませんでしたが、ちょっとしたイベントでしたね。

 

青山通り歯科 雪 寒い

 

気温も湿度も高かったからでしょうね。結晶の形にはなっていませんでした。

 

雪 結晶 ストームグラス

 

さて、最近すっかり忘れられがちな当院の受付のストームグラスですが、冬場もしっかり悪天候を予想してますよ。昨日あたりから、物凄い量の結晶が出来ていました。ですが、水中にもこもこと結晶が出来る事はあっても、水面に浮いて、ガラスの内面にまで結晶が着くことは普段あまりありません。よっぽどの冬将軍だったんでしょうね。

 

ストームグラス

 

ストームグラス


一般的なストームグラスは、樟脳2 ドラム、硝酸カリウム1/2 ドラム、塩化アンモニウム1/2 ドラムを粉末にして 2 オンスの50v/v%エタノールに溶かし、長さ 10 インチ・直径 3/4 インチ程度の試験管に入れ、針で細孔を開けた紙や革で封じて作る。ストームグラスの内容は、天気に応じて次のように変化する、といわれている。天気が晴れるなら、ガラス管内の固形分は完全に底に沈み、液体は澄みきる。
雨に変わる前は、沈殿物の量が徐々に増え、星のような形のものが透明の溶液中を浮遊する。嵐やひどい風の前には、固形分の一部が溶液の表面まで達し、大きな葉のような形になる。溶液は濁り、発酵しているように見える。この現象は天気の変わる24時間前に見られる。冬、特に雪や霜のときには、管の高い位置まで沈殿物が積もる。内容物はとても白く、浮遊する点状のものが見られる。夏、とても天気がよく暑くなるときは、沈殿物は管の非常に低い位置までしか積もらない。風や嵐が接近してくるときは、接近してくる方向の反対側のガラス管の壁に沈殿ができる。ストームグラスの内容が変化する原因ははっきりとしないが、大気の温度や湿度、気圧、大気電気学的な影響等によって、溶解度や結晶形状が変化するためと考えられている。

Wikipediaより引用

 

だそうです。大まかには、暖かく天気が良いと結晶が少なく、寒くて悪天候ほど大量の結晶が出来るイメージです。当院のものも、夏場はこれよりもグッと結晶の量が減ります。

さて、そんなこんなで東京の雪の日でした。

 

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

 

2017.01.13更新

こんばんは、赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

今日は雜誌掲載の話題です。この度、ギミックさんから出版の『頼れるドクター 港・渋谷・目黒・千代田・中央 vol.4 2016-2017版』に特集記事としてまるっと1ページ。掲載していただきました!

 

頼れるドクター 雜誌

 

『頼れるドクター』 解説

地域の健康を支えてくれるドクターの熱い思いを徹底取材。
港・渋谷・目黒・千代田・中央区エリアのドクター84名をご紹介します!

特集クリニックとして「生活習慣病を診てくれるクリニック」「院長自慢のドクターやスタッフがいるクリニック」「私をキレイにしてくれるクリニック」をご紹介します。
また、編集特集記事として、痛みとうまく付き合うための「頭痛入門講座」や「今必要な紫外線対策」を掲載。「みんなの家庭の医療事情リサーチ」では都心ファミリーに各家庭の医療事情について街頭取材をいたしました!

他にも、ヘルシーな「持ち寄りパーティレシピ」など、医療・子育てお役立ち情報など盛りだくさんの情報でお届けするご家族の健康的な毎日のために、必見の1冊です。

(ギミックさんより引用)

 

生活習慣 雜誌 青山通歯科

 

この中の『生活習慣病を診てくれるクリニック』という特集で、歯科での定期的なメンテナンスの大切さをの話をメインに取り上げていただいています。これまでは「痛いところがあったら治しにいく」所というイメージだった歯医者ですが、これからは「悪くならないようにメンテナンスを続けていく」「今の状態よりもさら良くしていく」所、という新しい考え方に社会全体が移行しつつあります。「それってどういう事・・・?」そうですね。なかなかイメージはしづらいと思うんですよ。例えて言うのであれば、

 

 「車が壊れた・調子が悪い・傷ついた → 直しに行こう」これが、一昔前の歯医者さんです。

 

そうではなく、

 

 「あまり沢山汚れないうちに、洗車しておこう」

 「ボディに傷がつかないように定期的にワックスを塗りに行こう」

 「悪いところがなくても、ちゃんと定期的に車検に行こう」

 

これが、悪くならないようにメンテナンスを行っていく、いわゆる「予防歯科」のイメージです。そして、

 

 「せっかくならピカピカが長持ちする良いワックスを塗ろう」

 「燃費が良くなるなら、ちょっと高くても良いオイルやタイヤを使おう」

 

これが、「更に良くしていく」という事ですね。悪いところがなくても、その改善の価値さえわかっていれば、進んで「より良いもの」を選ぶ事が出来るんです。カーナビやオーディオ、内装などにお金をかけたり、細かなパーツの改造とかも「より良くしたい」という分かりやすい例ですね。実は、体についても同じことが言えます。「体に良い物」「体に良い事」「その人に合うもの」「実はその人には合わないもの」・・・けして体の調子が悪いわけでなくても、皆さんはそう言った事を「知ってさえいれば」より良いものを選ぶと思うんです。勿論、値段などの兼ね合いはありますけどね。

ですが、歯科の事についてだけは、何故かまだまだ全体の認知度が低い、というか「本当はこうしたらもっと良いのに・・・」と感じざるを得ない事がとても多いんですね。その認知度を高めて行くのが僕らの本来の使命だとは勝手に思っているのですが・・・。はい、少々脱線いたしました(笑)

 

そんなわけで、『頼れるドクター 港・渋谷・目黒・千代田・中央 vol.4 2016-2017版』。是非、皆さん一度手に取ってみてください。当院の本棚にも付箋付きで置いてありますので、近々ご来院の予定がある方は、マッサージチェアに癒やされながらゆっくりご覧になってみて下さい。

 

青山通り歯科 受付 マッサージチェア

 

「書店に行っても売ってないし、近々行く予定もないんです・・・」という方は、長者番付の世界第2位ジェフ・ベゾス氏が取締役の世界一有名な通販サイトを訪ねてみて下さい。きっと翌日にはお手元に届くと思いますよ。vol.5が発売になるまでは無くなることはないと思いますが、お早めに!

 

Amazon 購入

Amazonで購入する

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

2017.01.06更新

あけましておめでとうございます。赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

12月がかなりバタついてしまいまして、更新がすっかり滞ってしまっていました。

 

変則的なスケジュールになり、皆さまには御迷惑をおかけしてしまいましたが、年明けの1月からは通常通り、月~金で院長の矢島が診療に携わります。

今日あたりから寒の入りでしょうか?風がとても強い日でしたね。インフルエンザの流行もニュースになり始めています。

ここのところ寒い日が続きますが、皆さまも体調を崩しませんようお気をつけ下さい。

それでは、今年もよろしくお願い致します!

 

新年 だるま 酉

 

ちなみに、このだるま君の中身はミネラルウォーターです。

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島