青山通り歯科ブログ ~赤坂の歯医者ひとりごと~

2018.11.14更新

こんにちは。赤坂見附の歯医者【青山通り歯科】の院長、矢島です。

 

ブログの更新が途絶えてしまっていたので、夏のお話になってしまいますが…^^;

ご縁あって、世田谷の桜新町にある「にしにかわデンタルクリニック」さんへ見学に行く機会がありました。

 

東急電鉄田園都市線は桜新町駅。初めて降り立ちました。

噂に聞いていた、サザエさんの街です。

 

サザエさん 銅像

 

今日は、波平さんの髪はちゃんとありました。

 

 波平

 

駅から、およそ徒歩5分。にぎやかな商店街の中に「にしかわデンタルクリニック」はあります。

歯科医院はビルの2階に入っていて、1階は内科さんです。

 

にしかわデンタルクリニック 歯医者

 

ロゴが可愛い。。。

 

にしかわデンタルクリニック 看板

 

事前にいろいろと話を聞いていたのですが、この「にしかわデンタルクリニック」。何が凄いかと言うと、「インプラント」や「予防歯科」といった現代のニーズが高い治療に力を入れている事は勿論…内装がメチャメチャオシャレなんです。まるで宇宙船のような診療室に、最新の医療機器が所狭しと並んでいます。

 

歯科用ユニット

 

歯科用マイクロスコープ。カメラのレンズでも世界的に有名なドイツのカール・ツァイス社のものです。これは光学顕微鏡で、神経の治療や小さな虫歯の治療など、細かい作業をする歯医者さんの治療ではあると非常に心強い設備です。20倍くらいまで拡大の倍率を上げる事ができて、そうだなぁ…わかりやすく言うと、ブロッコリーのボツボツした葉っぱひとつひとつの葉脈までハッキリと見えます。

 

歯科用マイクロスコープ

 

ブロッコリー

(CG社HPより抜粋)

 

そして、今回僕が一番の目玉と感じたのがこちら。

 

3D

 

3Dプリンターの技術発展が凄まじい現代。歯科界にも3D技術がどんどん参入してきています。

「そうしたら、今どき3Dプリンターで被せ物とか作れるんじゃないの?」と思った方は正解です。今、その技術がどんどん進歩していて、3Dカメラで撮った歯に3Dプリンターで作った被せ物をセットする時代がすでに来ています。未だ発展途上ではありますが、もうかなりの精度になってきています。

 

3Dカメラで歯の画像を撮ると…

 

3D

 

PC上に歯の3Dモデルが現れます。勿論、マウスを使えばグリングリン動かして、いろんな角度から確認することができます。

 

3D

 

このデータを元に、被せ物をデジタルで設計して歯を作ります。

そして…ごめんなさい^^;、先程「目玉」と言いましたが…本当の目玉はこちらです。にしかわデンタルクリニックさんは歯医者でありながら…

 

DJ 歯医者

 

本格的なDJブースがあります。受付の天板が開きます(笑)

実は院長の西川先生は元々DJとして活躍されていた方で、テイトウワさんやYMOさんとも交流がある…なんか凄い人です。なので、こちらの医院をオープンするときも「DJブース作っちゃえ!」と、DJ機材を揃え、イベントなども行っているそうです。院内のBGMもここから流しています。

青山通り歯科も、デジタルアンプやBOSEのスピーカーなど音響にはこだわっているつもりですが…流石にかないません。

 

西川博史

 

非常に楽しい(笑)時間をありがとうございました。桜新町、とてもいい街でした。また来ます。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の治療やインプラント治療、マイクロスコープ治療をお探しなら、

東京都世田谷区桜新町の歯科医院【にしにかわデンタルクリニック】へ。

http://www.nishikawadc.com/

 

AOYAMA-DORI DENTAL CLINIC 矢島

2018.10.31更新

こんにちは、赤坂見附の青山通り歯科。院長の矢島です。

 

最近、少々更新が滞ってしまっておりましたが、再開を致します。HAPPY Halloween!

 

ハロウィン

2018.09.13更新

こんににちは。赤坂の青山通り歯科、院長の矢島です。

ここのところ急に気温が下がってきましたね。猛暑が過ぎ去って気がつけばすっかり秋の空です。

 

青山通り歯科 蝶々

ツマグロヒョウモンが飛来 

 

さて、来月の10月5日は(金)なのですが、まことに勝手ながら終日休診とさせて頂きます。

 

10月5日(金)休診

 


お電話の受付は出来ませんが、ネットによる仮予約の受付は可能です。どうぞご利用ください。

 

 

AOYAMA-DORI DENTAL CLINIC 矢島

 

 

 

2018.07.24更新

こんにちは、赤坂の青山通り歯科。院長の矢島です。

 

誠に勝手ながら、今月末の7月31日は臨時休診日とさせていただきます。

 

休診日

 

また、8月のお盆休みは、

 

8月11日(土)~8月19日(日)とさせていただきます。

 

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうかご了承ください。

 

 

~~青山通り歯科からのお願い~~

 

連休の前後は、非常に予約が混み合うことが予想されます。

 

「ん?なんだか痛い気がする…」

「ちょっと様子がおかしい。」

 

そんな時は、とにかく早め!早め!に当院までご連絡ください。

当日来院をご希望の方が非常に多くなっており、ご希望の時間帯で予約が取れない事の方が多くなってきてしまっております。ご迷惑をおかけしてしまっている事は重々承知なのですが、ドクター1名で全ての患者様に対応させていただいているため、どうしても限界が出てきます。その結果、診療の質を落とす事はスタッフ一同望んでおりません。

なので、もしも予約を検討している場合は少しでも早くお電話を頂けると非常に助かります。「どうしようかな…」と考える前に、まずはスケジュール帳を片手にお電話ください!

また、キャンセルをご希望の方もお早めに!ご連絡頂けますと、そこへ新たに予約ご希望の方が入れるかもしれません。一人でも多くの方に円滑な診療を提供できるよう、ご協力ください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

以上、青山通り歯科からのお願いでした。

 

2018.07.18更新

こんにちは、赤坂の青山通り歯科。院長の矢島です。

 

病院の待合室に小さな写真が3枚飾ってあるのをご存知ですか?特にメモなどもなく非常にサラッと飾ってあるので、稀に「誰の写真ですが?」と聞かれる事があるのですが、あの3枚は毎回、僕が撮ったものを気まぐれに交換させてもらっています。

 

モノクロ 写真

 

基本モノクロなのであまり目立つ事もないのですが、もし良ければ気に留めて頂けたら嬉しいです。

 

月間保団連 雑誌

 

今月、新しい3枚に交換をしたのですが、この中の一枚がこの度「第29回 全国保険医写真展」という写真展で「特選」を頂きました。これは全国の医師・歯科医師、またはその病院のスタッフのみが投稿出来る写真展で、枠はちょっと特殊ですが、選ばれれば毎月病院向けに発行される「月間保団連」という雑誌が主催しているもので、入選をするとこの雑誌の表紙を飾れるそうです。

 

 保団連 待合室 写真

 

今回の第29回写真展に初めて出展をさせて頂いたのですが、選んで頂けて幸いです。現在も、待合室の真ん中に小さく飾っているので、良かったら眺めてみてください。


AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島 

2018.07.05更新

こんにちは、赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

先日のワールドカップの日本戦、皆さんはご覧になりましたか?僕は…すみません、全部観ました。深夜の試合は事前に少し仮眠をとって観ました。最後のベルギー戦は午前3時スタート…と、さすがに半ば諦めていたのですが、凄く早めに寝たら奇跡的に3時半に目が覚めたので、試合後半からテレビにかじりついていました。

結果、物凄く悔しい結果にはなりましたが、未だあの時の感動は尾を引いています。あのベルギー戦は、全ての試合の中でも最高の日本代表がパフォーマンスを出せた試合だったと思います。なんだか『スラムダンク』の山王戦を思い出しました。それでも結果は紙一重で届かなかった勝利。そして終わり。長谷部選手は代表を引退。これが勝負というものですね…

 

サッカーワールドカップ

 

昌子選手が地面を何度も叩いていたシーンは、今でも目に焼き付いて離れません。「あの時、自分がもう少し…」という気持ちが強かったのでしょう。きっと4年後、更に成長して「日本を守れる男」になってくれている事だと思います。悔しい、というよりも「もっとこの日本代表を見ていたかった」という寂しい気持ちが強いですが…

 

日本代表

 

…はい、熱くなりすぎてしまいました(^^; この話題だけで原稿用紙10枚分は書いてしまいそうなので、本題に戻ります。

 

さて、先日ですが、僕が歯科大学を卒業後、臨床研修時代を過ごした埼玉県羽生市は「木村歯科医院」より、歯科衛生士の杉田さんが当院の見学にいらっしゃいました。ここの病院では研修後も数年間お世話になりまして、基礎的な技術はもちろん、コミュニケーションやホスピタリティなどについても学ばせて頂いた、言わば僕の基礎部分を作ってくれた病院です。

 

木村歯科医院

 

さて、ここからは10年近く前の僕が撮った懐かしの写真と共にお送りします。

 

木村歯科医院

 

こちらの病院は、早くから予防歯科などにも力を入れていて、最新のインプラント技術なども取り入れていると同時に、クリスマスやハロウィンなどのイベント時には院内・院外を装飾するなど、なかなかユニークな病院でした。

 

ハロウィン

 

毎年11月の勤労感謝の日は出勤の日で、ドクター総出で病院の壁にクリスマスのイルミを取り付ける作業をしてました。多分、こんな病院は日本中探しても他に無いと思います。

 

イルミネーション

 

まさか歯医者になってまで高架作業車に乗ることになるとは思ってもいませんでしたよ。上の方は軽く10m以上ありました。

 

高架作業車

 

当時は都内から2時間ちょっとかけて、この羽生駅まで通っていたりもしたのですが、今考えると「よく通ってたな…」と思います。いや~、自分で昔の写真を掘り出してても、やたらと浸ってしまうくらい懐かしいです。

 

羽生駅

 

そんな懐かしの病院のスタッフから久々にご連絡を頂きました。そのきっかけは2月に放送された「ジョブチューン」でした。こちらに出演させて頂いたのを見てくれたようで。 「一度、見学に行ってもいいですか?」という事だったので、喜んで承諾しました。

 

ジョブチューン 矢島昇悟

 

久々の再開で思い出話に花も咲きますが、当院で行っている事や取り入れているちょっとした器具など、興味を持って頂けた事も多かったようで良かったです。僕の中では新旧一緒に働いたスタッフが一緒にいる光景なんだか不思議な気持ちでした。自分の高校時代の同級生と大学時代の同級生が仲良くしてるような感覚でしょうか(笑

 

 青山通り歯科

 

羽生市の歯医者・歯科医院 木村歯科医院

 https://www.masamasa.net/

自分が所属していたのはもう10年近く前なのですが、殆どのスタッフの方が変わらず残っていらっしゃるようです。これって結構凄い事なんですよ。青山通り歯科もこんな風に長く地域に根付いていければなぁと思って日々診療しております。まずは目指せ10年!

みんな元気かな~。

 

木村歯科医院

(2007年 秋)

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

2018.05.17更新

こんにちは、赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

暑い日が続きますね。皆さんG.W.は如何お過ごしでしたでしょうか?僕はG.W.後半で高尾山を走っている最中に右足首を捻挫をしてしまい、今も少しだけ不自由な日々を過ごしています。

 

高尾山 花

 

高尾山は学生時代からよく登りに行っていたのですが、最近は更に足を延ばすようになって、隣の城山や景信山まで行く事もあります。観光地として整えられた高尾山とは違って「あぁ、山に登ったなぁ…」という開放感と充実感、程よい疲労感がたまりません。

 

ゴールデンウィーク 高尾山

 

春の休日になると、高尾山はこんなですから…。

 

スマホ 緑 森 春

 

せっかくの暖かな連休は大自然を満喫したいものです。(ロッカーで親指挟みました。)

 

さて、先日。東京歯科保険医協会という組織が主催する「歯科における院内感染防止対策」という講習会に参加してきました。

 

感染 消毒

 

今年度から各病院は「院内感染防止対策」という認定を取得する事が必要になりました。これは、具体的には「ちゃんと消毒・滅菌の機器が揃っているか」「正しい消毒・滅菌をする手順を踏んでいるか」「各患者様ごとに、器具を交換しているか」などと言った事を行政側が確認するための制度です。その一環として、この院内感染防止対策講習があります。

 

感染防止対策

 

講習の内容としては、「消毒・滅菌の基本的な内容」から入り、「器具の交換や滅菌の方法の確認」「万が一、院内で感染が起こってしまった際の対処法」など、病院として基本的に本来やらなければならない事の確認。そういった内容だったように思えます。当院では、3年前のスタート時から「徹底した消毒・滅菌」「各患者様ごとの器具の交換」や「パッキング」などといった事は行っていたので、特別新しく始める事はないのですが、改めて初心に帰れたような気がします。

この制度のスタートを期に、歯科の一般的な評価もこれからも気を緩めず、院内の清潔に努めていこうと思います。

 

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

 

 

 

2018.04.29更新

こんにちは。赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

すみません。ゴールデンウィーク中のお休みのお知らせをするのを、すっかり忘れておりました。

青山通り歯科は、ゴールデンウィークも暦通りの診療日となります。

 

休診

 

4/28(土)休診

4/29(日)休診

4/30(月)昭和の日

5/1(火)10:00~19:00 通常診療

5/2(水)10:00~19:00 通常診療

5/3(木)憲法記念日

5/4(金)みどりの日

5/5(土)こどもの日

5/6(日)休診

 

 

休診中、電話にての対応は行っておりませんが、オンラインでのネット仮予約は行っております。こちらでは、歯の悩みに合わせて進んで行くと、オンライン上でご予約の希望を青山通り歯科へ送ることが出来ます。その後、診療時間内に病院(03-3423-1516)からお電話を差し上げますので、詳細な予約時間をご相談の上、予約の確定となります。

時間によっては他の患者様のご予約は入ってしまうこともあります。もしも、お電話がつながらない場合、仮予約はキャンセルになってしまう事もありますので、御了承下さい。

 

ネット 予約 診療 いつあき

 

ご迷惑をおかけいたしますが、どうか御了承下さい。

 

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

2018.03.24更新

こんばんは。赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

今日はちょっと長くなりますが、ぼやかせて下さい。

 

先日、ネット上でこんな記事が目に止まりました。

 

利己主義で業界全体のレベルも低下 歯科医を取り巻く苦しい現状

 

2018年3月13日 7時0分 NEWSポストセブン

 

・歯科医のミスや怠慢が増加する背景について女性セブンが報じた
・診療報酬の改定や人口減少などで歯科業界は苦境に立っている、と歯科医
・経験に乏しい歯科医が利益第一主義に走った結果、事故は頻発したと指摘した

 

いかにも派手でスキャンダラスな見出しを書きたがる週刊誌らしい内容だとは思いましたが…「火のないところに煙は立たぬ」。実際に、この記事の内容のような事からトラブルに至ったケースもあるのでしょう。過去にも、10年ほど前にインプラントの手術ミスで大きな事故が起こってしまい、大々的にニュースになったケースもあります。

確かに、時間短縮や経費削減の為に、十分な消毒や滅菌などを行わずに器具を使い回したり、”なりふりかまわない患者集め”を行った結果、治療の質が下がる…と言ったケースも、実際にある事だとは思います。

ただ、この様に「業界全体のレベルも低下していったのです」などと、全ての歯科従事者のレベルが下がってしまったようにショッキングに書かれるのは…これが週刊誌のお家芸と分かってはいても、少々悲しい気分になります。

 

僕の学生時代の友人で、学生の頃から非常に精力的に勉強をしていて、大学卒業後の臨床研修医の時点で既に大学院並に飛び級レベルの知識や技能を身につけていた先生もいます。彼は現在、歯科専門の雜誌に名前が載ったり、講習会で壇上に立つ程になっています。

「若い=ベテランではない=技術・知識が劣る」と、「若い」と言う言葉が、どうしてもネガティブに聞こえてしまう業界ではあると思いますが、最近は20代でも意識が高く素晴らしい技術を持っている先生も多いと僕は思っています。実際に、そこから受ける熱い刺激というものもあり、「自分もうかうかしてられないな…。」と感じる事だってあります。ガンガン下剋上も起こります。気持ちの良い焦りです。

 

メディアは時に、過剰にネガティブな言葉で不安を煽る傾向があります。意図的に派手な言葉だけを抜粋する事で、ささやかな誤解を誘発し、興味を引こうとします。ですが…そこまで実際「歯医者業界お先真っ暗」ではないですよ。

 

先にも述べたように、これからの歯科業界を引っ張っていけるような若手の先生もどんどん現れて来ていますし、様々な技術革新も起こっています。

「器具の使い回し」や「消毒・滅菌の怠慢」については政府が早々に対応を行っていて、来年度からは「病院が消毒・滅菌をちゃんと行っている」という届け出を行政に提出しなくてはならなくなったし、「院内感染対策の研修」が各病院に必須の項目になりました。当院では、元々器具の滅菌を徹底しているので特に増える作業はないのですが、単純に書類の提出が面倒です…。

 

滅菌 器具 歯科

 

ただ、これも行政が「確認してるんだから、ちゃんとやれよ」と釘を刺している事なので、これによって少しでも業界全体のイメージが改善されれば、とは思います。

 

例えば、車の交通事故がニュースになったからと言って「車は危ない」「乗ると事故を起こすから乗るのは止めよう」という方はあまりいないと思います。ニュースというのは、「事故が起こった時だけ」ニュースになるのを皆さんがご存知だからです。

 

「親不知を抜いたら腫れて痛くて大変な目に遭った…。」という方も実際にいらっしゃると思います。その方はお気の毒に、きっと大変な抜歯ケースだったのかもしれませんね…。ですが、簡単な親不知の抜歯だったら、翌日、痛み止めも飲まずに「全然大丈夫でした!」と仰る方も多いのが実際です。むしろ、その方が多いです。単に、そう言った方々は何も言わずにその後の経過を過ごしているのが殆どなので、「腫れた!」「痛かった!」という少数の声が、とても大きく響いてしまうんです。

 

要は…何が言いたいのかと言いますと。先程言ったように、ちゃんとした先生も世の中たくさんいますので、けして「歯医者業界お先真っ暗」ではないですよ。願わくば、この長文を最後まで読んで下さった全国の皆さんが、良い歯医者さんと巡り会えることを。

 

お目汚し失礼いたしました。

 

 

P.S. 最後に「また、かつて歯科診療所の1か月の保険点数は20万点(約200万円相当)程度まで認められていたが、現在は医療費削減のため15万点程度に抑えなければならない。」これはちょっとハズレです。ライターさん、勉強不足でしたね。

2018.03.12更新

こんにちは。赤坂見附の青山通り歯科、院長の矢島です。

 

ここのところ急に暖かくなってきて、皆さんも春を意識し始める頃かと思います。僕も、最近やたらとくしゃみが出るようになってきて「あぁ、春が来たか。」と実感しております。花粉症なんて無くなればいいのに・・・。時々、どこからか沈丁花の香りも漂ってきますね。

 

 

さて、本題に入ります。

誠に勝手ながら、3月27日(火)は終日で臨時休診にさせて頂きます。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうかご了承下さい。お電話での対応は出来ませんが、ネットからの仮予約受付はおこなっておりますので、どうぞご利用ください。

 https://www.itsuaki.com/yoyaku/webreserve/menusel?str_id=2390251562&stf_id=0&back=1

 

28日(水)からは通常通り、朝10時から診療開始となっております。

 

休診

 

AOYAMA DORI DENTAL CLINIC 矢島

前へ