Q&A ブログ ~歯医者お悩み相談室~

2016.09.22更新

Q: Oさん 男性

 

親知らずが生えてきて、隣の歯が圧迫された感じがして鈍痛がするのですが、必ず抜歯を行う必要があるのでしょうか。圧迫している部分を削るなどで共存を行うことは難しいのでしょうか。

 


 

 A: 院長 矢島

 

御質問ありがとうございます。親不知は「抜くのが大変」「凄く腫れる」というイメージが一般に浸透してしまっているため、痛みの原因が「これだ!」と分かっていても、なかなか抜歯に踏み切れない方は多いと思います。どうにか抜く以外の方法があれば・・・というのも、理解できます。もしも同じ立場であれば、きっと僕も最初は同じことを考えてしまうと思います。ですが、親不知を抜いた後に酷く腫れたり、痛みが何週間も続くようなケースは、実は、どちらかというと少ないケースで、そういうのは主に「抜くのに1時間かかった」とか「とても深く埋まっていて骨を削って抜いた」とか、負担が大きい抜歯の後に起こる事が多いです。だいたいは、親不知でも抜歯にかかる時間も数分~十数分程度で、抜いた後も「痛み止めも使わなくて大丈夫だった」「噛むと鈍痛はあるけど、そんなでもない」とホッとされる方が多いです。

 

歯が痛い 親不知 鈍痛

 

これは交通事故など、なにか大きな出来事が起こったときにニュースになるのと同じで、「親不知を抜いたけど全然大丈夫だった」という感想よりも、「痛かった」「腫れた」といった経験をされた方のマイナスの感想の方が周囲に伝わりやすく、定着もしやすいんです。なので、一般に「親不知=抜くと腫れる」という話題が広まる事になってしまいます。「今日は交通事故はありませんでした」なんてニュースは聞いた事ありませんよね?

 

さて、親不知は位置や生える方向・生え具合によりけりですが、基本的に

 

「完全に骨の中に埋まっていて、感染の可能性がない」

というケースか、

「真っ直ぐ生えていて、かみ合わせに問題がない」

かつ

「しっかり歯茎から顔を出していて、自分で十分に掃除が出来る」

 

親不知 埋まってる

といった事が、長期的にみて親不知を抜かなくても大丈夫な条件だと僕は考えます。親不知に対するリスクの考え方は先生によって少々変わってくると思いますが、上の条件をしっかり満たしていない限り・・・例えば「斜めに生えていて、手前の歯にぶつかっている」「生えているけど、歯茎が半分のっかっていて汚れがつまる」「全部生えているけど、歯ブラシが届かなくて虫歯になっている」こう言ったケースは多いですね。これらの場合、いずれ

 

「歯茎が腫れる」

親不知

「他の歯を巻き込んで虫歯になる」

親不知

「歯並び・かみ合わせを崩す」

親不知

といった問題は起こしてくる可能性があると考えて頂いた方がいいと思います。

 

Oさんの場合は恐らく、「傾いて」または「完全に横に向いて」生えてきている事で、手前の歯を圧迫している。という事でよろしいでしょうか?この場合、当たっている部分を削ったところで、一時しのぎにしかなりません。それに「当たっている部分を削る」となると、それ相応の量を削らなくてはならないため、かえって知覚過敏を起こしたり、その隙間に汚れがつまって更に大きな問題を起こす事になりかねません。自己判断は要注意です。ちなみに、親不知が手前の歯にぶつかったままの状態で時間が経つと、手前の歯を押し上げたり、傾けたりしてしまうため、歯並びを崩す原因にもなります。歯並びを崩された事によって、奥歯の咬み合わせが微妙に変わり、「なんか最近、噛むと奥歯に鈍痛があるんです」となる場合も、少なくないんです。

 

なんとか抜歯を避けたい気持ちもわかりますが、あまり悪化しないうちに歯科を受診される事をお勧めします。放っておくと、どんどん抜くのも大変になっていきますから。

 

歯医者 歯科

 

 青山通り歯科では、皆様のお口の中の悩みを随時募集しております。
 何か気になっている事がありましたら「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご相談絡下さい。
 その際、もしも質問内容をブログに掲載しても良い場合は「掲載可」と添えて頂けたら幸いです。